よく利用される応募の方法として、
ハガキとインターネットの2つがあげられます。
一般的にハガキの方が、当選確率が高いです。
理由はやはりインターネットより手間と負担がかかる
というのが一番の原因だと言われています。
それ以外にもインターネットだと
自分の事をアプローチしにくいため、
懸賞生活をしている方々の大部分はハガキで
行っているのではないでしょうか?
そこで、ここでは懸賞に当てやすくする
コツを簡単に説明しましょう。

まずよく知られているハガキに蛍光ペン等で
色を塗り目立たせる方法ですが、
これははっきり言ってやるだけ無駄でしょう。
最近はその手のハガキは見慣れた
光景になっているようで、
そのハガキを予め外しておくという所もあるほどです。
やはり、基本的な方法ですが「読みやすい字」で
「記入方法」は必ず守り、テレビよりラジオ、
女性誌より男性誌、新聞より雑誌に載っている応募を優先します。
そして「感想」については記入の有無がなくても
必ず書くようにしてください。
このようなことは意外と見ているもので、
感想が書いていないだけで落とす所も多々あります。
ただ、下記で説明する「私書箱」については
無差別に当選を決める所も多いので
指示が無い限りは書かなくてもよいでしょう。
より応募者数が少ない方を選ぶ事で、当選確率を高めます。

では、どうすれば応募が少ない懸賞を選ぶ事ができるのか。

答えは簡単です。
懸賞をよくやる方なら一度は目にする「私書箱」と言う言葉。
私書箱とは郵便局内のポストのことで、
多数の郵便物が来ると予想される場合によく使われます。
つまりあて先に「○○都○○区私書箱○号」
などと書かれている場合、
それだけ倍率が高いということです。
出来る限り応募は避けましょう。
逆に書かれていない場合、倍率が低い事が多いわけです。

それ以外には手作りハガキをつくるなど
オリジナルにこってみてもよさそうです。
そのときに通常のハガキより一回り大きく作れば
他のものより目立ちより効果的です。
ちなみにハガキとして適用されるには
下記の条件を満たしてなくてはなりません。

横幅 9cm〜10.7cm
縦幅 14cm〜15.4cm
重量 2g〜6g


次にネット懸賞の方ですがこれは先ほど言ったとおり
そう簡単には当たりません。
そのためいかに多くの応募が出来るかが
ポイントになってきます。
とはいっても、おなじ商品に複数応募しても
逆効果ですのでご注意くださいね^^;
私のお勧めとしてはまずこのようなものを
ダウンロードしてみてください。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se134506.html

これは予め設定してある住所など個人情報を手動で
一瞬のうちに入力できる優れ物です。

そしてやはり忘れてはいけないのが「感想」ですね。
これも面倒くさがらずに必ず記入するようにしましょう。

こういった商品などで、コンスタントに
利益を出している人達がたくさんいます。
元手をなるべくかけたくない人にとっては、
一つの有効な方法だといえるでしょう。

懸賞を当てやすくする方法

inserted by FC2 system